金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

【7月ゆるとめ】気分転換の仕方を覚えた

f:id:miya-lapine:20190731144442p:plain
こんにちわ、鴻ノみやです。
先月のゆるっとまとめ記事を書くの、すっかり忘れていた……。

今月は、何だかんだたくさん外出した月になりました。
横浜に行ったり、実家帰ったり、映画を見たり。
気分が沈んでいる私の為に、主人がたくさん連れ出してくれました。
ほんと、ありがたいことです。

そんなわけで、今月もゆるーっとまとめていきましょう!

【スポンサーリンク】




横浜に行ってきました!

f:id:miya-lapine:20190731140653j:plain
6月半ばくらいから気分の浮き沈みがかなり激しかった私を見兼ねて、主人が「少し遠出してみよう」と提案。
ずっと行ってみたかった中華街と、赤レンガ倉庫に連れて行ってもらいました。

中華街で結構食べ歩いて、出るころには二人で「お腹が重い……」とげんなり。
特に主人はタピオカ飲んでいたので、お腹ぱんぱんになってしまったようです(笑)
中華街で食べた小籠包が本当においしくって、また食べたい!と思うくらいでした。

f:id:miya-lapine:20190731141015j:plain
生憎と、今回行ったときはイベントやってなかったんですが、それでもぐるぐる回ってるだけでも楽しかったです。
室内にはいろんなお土産系のお店が入っていて、それを見て回った感じですかね?

何より、久々に海を見た!
「横浜に来てるよー」と友人に連絡したら、「シーバス乗るといいよ」とおすすめされたのシーバスにも乗船。
小学生の時にフェリーに乗って以来の船で、童心に返るようなわくわく感を味わえました。

f:id:miya-lapine:20190731141318j:plain
ついでだったので、ポケモンセンターヨコハマにも!
特に何か買いたかったってわけではないんですけど、近くにあるし久しぶりに行きたいなぁと思いまして(笑)

たくさん行きたいところ行かせてもらって、たくさん遊ばせてもらいました。
だいぶ気分が晴れましたね。
やっぱり、外に出るのって大事なんだなって思いました。普段あまり外に出ないですしね。

またどこか遠出したいなぁ~。

実家帰省

f:id:miya-lapine:20190731141539j:plain
主人から主婦業の有給休暇いただきまして、実家へ帰る事に。
一ヵ月ほどの私の荒れっぷりに心配した主人と、母の計らいでした。
実家にいる愛犬にも会ってきました。つぶらな瞳が本当にかわいい……。

実家で暮らしている時は大嫌いだった母が、今回帰省した時はすごく優しくて。
有給休暇って理由で帰ったのもあって、「家事はしなくて大丈夫」と言われ本当に何もせずゆっくりと過ごしていました。
さすがに申し訳なくって、洗濯を畳んだり、最終日は食器の片づけをしたりはしましたが(笑)

本当にびっくりするくらい優しくて「いつでも頼っていいんだから」とも言ってくれました。
それだけで、いろんな事で悩んでいたのが馬鹿らしくなって、実家から戻ってからはだいぶ心が晴れましたね。
やっぱり私は、心の底で母親を嫌っているわけではないんだなと思いました。
そしてたぶん、母もそれは一緒なんだなとも感じました。
今回は、良い帰省になったと思います。

ミュウツーの逆襲」と「天気の子」見ました

月に二本映画見る事なんて今までなかったのに、今月は通っちゃいましたよ(笑)
ミュウツーの逆襲は見る予定でいたんですが、天気の子はツイッターでの評判を見て見に行きました。
君の名は。が合わなかったので、今回の天気の子もわざわざ映画館行かなくても……って感じだったんですけどね。

ミュウツーの逆襲

ミュウツーの逆襲は公開初日に行きました。
金曜日ってこともあって、子連れは2、3組ほどでした。
あっちこっちから聞こえる、鼻をすする音……私も思わず泣いちゃいましたね……。

子供の頃に見た感覚と、大人になってから見る感覚ってまったく別物で。
見る映像に対しての価値観って、全然違うんですよ。
ピカチュウの声優さんの演技力が増し増しなのもあって、あのピカチュウがはたき合うシーンとサトシ石化のシーンは号泣
もうずっと鼻啜ってました。
そして「風にいっしょに」が流れて、今度はあまりの懐かしさに涙が落ちる。

長い間ポケモンを愛してきて、本当に良かったと思える映画でした。
CGアニメにも全然抵抗なくって、むしろコジローの髪のふっさふさ感に感動したくらいでした(笑)

天気の子

新海誠の、新海誠らしさというか、気持ち悪さ(誉め言葉)が帰ってきた。
そんな話をツイッターのちらほらと見て、天気の子を見に行こう!と思い劇場へ。
いやー、最高だった!!

至る所に新海誠のフェチが散りばめられていたように思いますね。
空間の描き方とか、人の動きとか、背景とか、そういうものすべてに。
でもやっぱり改めて思うのは、「この人はやっぱり長編には向いてないな」って事でしょうか。
好きなもの好きなだけ詰め込んだような感じはするんですが、こー、なんだか気持ち悪さの残る作品だったなぁとは思います。
何だか煮え切らない気持ちが残るのは、新海誠作品あるあるだとは思うのですが(笑)

このまま、この路線で改めて突き進んでくれるのなら、これからも新海誠さんの映画を見たいなと思えるくらいには、良い作品だった。
嗚咽を漏らして涙を流しそうになったシーンもありました。
なんというか、ああいう他人のフェチを突き付けられると、創作意欲が掻き立てられるんですよね、不思議と(笑)

おわりに

今月は、何だかんだ堪能した月になりましたが、来月もそんな感じになりそう?
実は友人に誘われて、真夏のデザインフェスタに急遽行くことになりまして(笑)
それから、月末には鎌倉に遊びに行く予定も立っています!

予定があると、それだけで生きる糧になりますからね!
来月も、まーったりゆーったり、楽しく生きていければと思います!


ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】