金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

映画「君の膵臓を食べたい」を見た

こんにちわ、鴻ノみやです。
アマゾンプライムにて「君の膵臓を食べたい」が配信されていたので見ました。
そんなにがっつりと感想を書くわけではないですが、せっかく見たので記事にしようと思います。
ブログは、私の記録の役割もありますからね(笑)

【スポンサーリンク】




あらすじ

f:id:miya-lapine:20190624212836p:plain
物語は、主人公が高校で教師をしているところからはじまります。
老朽化による図書館の取り壊しで、本の整理を行う主人公。
そこで図書委員である生徒と話すうちに、主人公は高校時代、とある同級生と過ごした日々を思い返す

クラスメイトである山内桜良は、膵臓の病を患っていた。
病院で彼女の闘病日記「共病文庫」を見つけ、読んでしまったことから、主人公は桜良と共に過ごすようになります。
病気にも関わらず明るく、前向きな彼女に振り回されながらも、主人公は大切な事に気づいていく。


高校生時代と現在を行き来する物語

お話は、高校時代の彼女の思い出の回想シーンと現在教師をする主人公のシーンとを、何度も行き来します。
だからと言って、決して話がごちゃつくことはありません。

高校時代の回想シーンが終わり、現在へと切り替わったところで、その時どう思っていたかを主人公が語ってくれる。
過去の彼女を通して、今主人公がどう変わっているのか、どういう心情を持っているのか。
彼女の事を未だ尾を引いて、きちんと前に進めていない心情が、生徒との会話で少しずつ変化していく。
主人公だけではなく、回想シーン後に桜良の親友の現在も垣間見ることができます。
そして当然、彼女の現在の心情も見えてくる。
いや、これはすごくいい構成なんじゃないかな?って思いましたね。

明日何が起こるか。それは誰にも分らない。

当然、病気である桜良には余命があります。物語の中で彼女は「あと一年持つかどうか」と語っていました。
こういうお話って、亡くなるまでを描くセオリーで、当然桜良が亡くなるまでも描かれている。(これはネタバレじゃない)
ただ、桜良の最期が本当に予期できないもので、最初は「え?」となってしまった。
でも、この物語が描きたいのは、病によって亡くなりました。という話ではない。

人はいつ、どんな形で死ぬかわからない。
明日、何が起こるのかなんて、誰にも予想できない。
だからこそ、今日を強く、そして一生懸命に生きなければならない。


この物語は、そういうことを伝えたいんだと思いましたね。
時として、人生は予想外の展開が起こるわけですから。
私も主人公と桜良を通して、大切なことを教えてもらった気がします

おわりに

物語から教わる事って、かなり多い気がする。
最近、あんまり本を読んだり、映画を見たりって事をしていなかったけれど、改めて物語っていいなって思いました。

物語からポジティブな部分を吸収して、それを何かに生かせるようになればいいな。
たまにネガティブな部分に引っ張られてしまう事もあるけど(笑)




ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】