金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

パートナーを尊敬しているから、原動力になる

こんにちわ、鴻ノみやです。
目的や目標のない状態だと、やる気スイッチって中々入りませんよね。
私も、度々やる気スイッチが迷子になって困ります。
そんな時、常に活力になってくれる人が近くにいるって、とてつもなく幸福なことですよね。

【スポンサーリンク】




私のやる気スイッチを押してくれる人

f:id:miya-lapine:20190513131718j:plain
私は基本的に、家事に対してのやる気スイッチは常にONな状態。
それは何故か。
答えは単純で、主人が常日頃、生活の為に仕事を頑張ってくれているから。
「主人が私の為に頑張ってくれるなら、私も主人の為に頑張ろう!」
そう思うことで、家事へのやる気がアップするわけです。

やる気を出せないのは、大抵ブログ更新や趣味に関する事。
とどのつまり、無理矢理やる気を出す必要のない事柄ばかりなのです。
しかし、何かしていないと不安になってしまう性分。ゴロゴロしている方が、私にとって苦痛なのです。
主人は「ダラダラするのもたまには良いんじゃない?」とは言ってくれるのですが……。

さて、そんな時どうするのか?
どう頑張ってもやる気スイッチがONにならず燻っている時もありますが、大抵はこの方法解決できます。
その解決策とは、主人の背中を見る事
背中と言っても、物理的じゃないですけども!(笑)

家事の原動力が「主人が頑張っているから」なのだから、それ以外の事に対しても同じ方法で活力にすることが出来ます。
主人が何かしら作業しているときは、「よし!じゃあ私も頑張って作業しよう!」と思えるのです。
常に、主人が活力になっているわけですね。

お互いを尊敬する関係

f:id:miya-lapine:20190513132731j:plain
相手が活力になっているのは、私だけではないようで。
私がブログの更新や勉強を頑張っていると、主人も私と同じように「俺も頑張ろう!」と思うそうで。
私たちは、お互いを活力や原動力にしているようです。
その根底にあるのはやはり、相手の事を尊敬しているから、ではないかな?と。

主人にできないことを私が出来て、私に出来ないことを主人ができる。
主人が持っていないものを私が持っていて、私が持っていないものを主人が持っている。


それらを羨んだり、妬ましいと思うよりも、それらをできる事、持っていることに対して尊敬を向けられる。
だからこそ、私たちはお互いを活力に出来るのではないかな?と思っています。
自分に出来ないことを出来ている相手に対して、ならば私はもっと自分のできることを磨いていこう!と。
相手にもっと尊敬してもらえるような素晴らしい人になろうと、そう思うわけです。
それは、何にも代えがたい活力なのではないでしょうか?

少なくとも、私はそう思っています。
相手が頑張っているのだから、私も同じくらい……いや、もっと頑張ろうと思えるのです。
パートナーであり、理解者であり、ライバルなのかもしれないですね(笑)

おわりに

f:id:miya-lapine:20190513133505j:plain
ここ最近、やる気スイッチが迷子になっていました。
ですが、今日主人がこれからの事を考えて動いていることを聞いて、ようやくやる気スイッチを押せました。
また今週から張り切ってブログ記事を書いていこうと思います!

主人がもっと、自慢できる嫁になるために!


ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】