金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

バルトリン腺嚢胞になった話①

こんにちわ、鴻ノみやです。
毎日アンヌさんすら更新できない日もあり、申し訳ないです。
月末まとめ記事も、結構かわいいロゴ出来たので書くの楽しみにしていたのですが、断念……。

なぜ、そんな状態になってしまったのか?

実は、バルトリン腺嚢胞という、婦人科系の病にかかってしまったのです。
しかもこれ、初めてではないのです……。
二年前以来の、再発……。

同じ症状がある人、もしかしたらこれから患ってしまうかもしれない方のために、二年前の詳しい状況、現在の状況を書いていこうと思います。
まず、何か異変があったら本当に、すぐに!婦人科へ行ってください!!

【スポンサーリンク】




バルトリン腺嚢胞って何?

f:id:miya-lapine:20190204150653j:plain
まずは、バルトリン腺嚢胞についてのお話を少しだけ。

女性器には、性交渉を円滑に進めるための粘液を出す部分が膣口にあります。
これが、バルトリンと呼ばれるもの。
バルトリン腺嚢胞とは、このバルトリン腺が何らかの原因で感染を起こし、粘液を分泌する穴が閉じてしまい、液が詰まって出ることが出来ず袋を作り、結果膿んでしまう、という症状です。
詳しくは、検索してみてください。

体力が落ち、免疫力が下がっている場合だったり、ストレスが原因だったり、性交渉で膣を傷つけてしまったり、と様々な要因により起こり得る、とされています。
しかし、詳しい発症原因は、不明なんだそうです。
体力を付けても、清潔にしていても、ストレスを緩和しようと試みても、結局なる時はなってしまうんだとか。

また、一度発症すると再発の可能性がある、とか。
私は、10人に1人は再発する、と2年前に話を聞きました。
そして、1度目の発症から2年後現在、再発してしまったというわけです。

症状としては、初期段階ではバルトリン腺付近が腫れ、できものが出来ているような感じになります。
その段階で痛みはないのですが、膿が溜まっていく程に腫れは大きくなり、痛みを伴います
最終的には座ることも出来ず、立っているのも精一杯、歩行困難になるほどの痛さ。発熱することもあります。
もし異変を感じたら、かならず婦人科へ行きましょう!

2年前の発症。異変に気づけたが……。

f:id:miya-lapine:20190204150431j:plain
私が初めてバルトリン腺嚢胞を患ったのは、2年ちょっと前くらいでした。
まだ、実家にいた頃です。
引っ越しを控えており、荷物を纏めたりバタバタしていたのと、仕事を辞め、引っ越すまでの期間は殆ど家の中で過ごしていました。
毎日浴びせられる祖母からの罵詈雑言を、半ば聞き流すように、部屋に篭りながら生活する毎日。

そんな折、ふと体を洗っている際に異変にデリケートゾーンに何かが触れる。
ぽっこりと、大体1センチあるかないかくらいの、小さなコブを発見。
しかし当時の私は、「こんな所にもできものって出来るんだな〜」程度にしか思っていませんでした。

体を洗うたびに触れるコブに、ちょっとストレスを感じながらも、痛みも痒みも特になく放置。
少しずつ大きくなっているのを感じながらも、「早く引っ越して家を出たい!」という気持ちが先走り、病院に行く事を考えもしませんでした
当時の私にとって何よりも優先すべきは、一刻も早く家から出る事だったのです。

走る痛み。産婦人科

f:id:miya-lapine:20190204144711j:plain
コブが出来てから2、3週間くらい経過したある日。
突然、チリチリとした痛みを感じ始めました。その頃には既に、ヒダの部分までぷっくりと腫れている。
端から見れば、「なぜそうなる前に病院へいかなかったのか!」と怒られそうなレベル。
でも、本当に痛みを全く感じなかったんですよね。そして何より、やはり私の頭の中にあったのは「早く引っ越したい」という気持ちばかりでした。

そして、痛みを感じながらも2、3日放置……
我ながら、本当にバカだと思います。

その頃には、流石に我慢の限界で、耐えられずバイクに跨り産婦人科へ。
交通手段がバイクしか無かった私の、苦渋の選択でしたが、まともに跨っていられない。
患部がシートにあたって、小さな段差に乗り上げるだけでも「ひっ」と小さく悲鳴をあげる程の痛み。
バイクで10分程の所に産婦人科があって、本当に良かったと思いました。

小さな産婦人科での治療でしたので、出来る事は限られると言われました。
簡単に病状の説明をして頂き、「ここで出来る処置は注射器で膿を抜くくらいだ」と。
それで良くならないのであれば、切開の必要があるが、ここでは出来ないので病院を紹介する事になる
と、そんな感じの説明を受けたと思います。
とりあえず注射器で膿を抜いてもらい、抗生物質を貰ってその日は終了

まだ痛みはあるけど、太めの注射で抜くって言ってたし、そのせいだろうなーと。
バイクに、跨る。

痛い。
全然、痛みが、変わっていない!!

2年後現在、再発し色々調べた結果、ようやく知った事実なのですが。
どうやら、注射器で膿を抜いたところで、大した解決にはならないのだとか。
もちろん、それで落ち着く人もいるのですが、粘液を排出する部分は閉じていたわけですから、再度膿が溜まって行くんだとか。
そもそも、膿を抜いても腫れが引くのは3〜10日くらい掛かるらしく……。

でもその時の私は、きっとすぐ楽になるだろう!と、信じて疑いませんでした。
しかし、より一層の苦痛が、この後に待っていたのです……。



つづく。


にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
オタク主婦ランキング

【スポンサーリンク】