金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

自分を好きになる事。自分を大切にする事。

こんにちわ、鴻ノみやです。
気温が下がるのは嬉しいですが、気圧のせいで体調が悪いので、台風はお帰りください…。

【スポンサーリンク】


f:id:miya-lapine:20180808124325p:plain

最近、自分を大事にする、好きになることを心掛けてます。
言うだけなら簡単な事ですが、いざ実行するとなると、中々難しい事なんですよね。
今まで自分は二の次だったんですよ。いや、まあ自分が一番大事だったのかもしれないんですけど。
だからこそ、今までの私は、自分が嫌われない為に周りに気を使ってたのだと思います。

でも結局それって、本当の意味で自分の為、とは言えないんですよね。
色んなもの押し殺して、他人に気を使って、最終的には疲れちゃうんですよ。
それが自分本位な事だったとしても、自分を大事にするための手段ではなかった。

私がよく見ている配信者が「自分を一番知っているのは自分だから、自分を一番好きになれるのも結局自分しかいない」と言っていました。
その人にとってその言葉は、別に深い意味は持っていなかったのかもしれないです。
けれど、私にはすごく刺さる言葉だったんですよね。誰かの、何でもない一言って、聞いてる人間からすれば救いになる事があるわけです。

で、その言葉を聞いて、「ああ、そうかもしれない」と思ったわけです。
自分がどれだけ頑張っているのか、どれだけ努力しているのか。
自分がどれだけ傷ついているのか、どれだけ苦しんでいるのか。
そういうのって、他人には分からないんですよ。言葉にしても、中々理解はしてもらえない。
結局のところ、自分の一番の理解者は、自分以外にはいないんですよ。

だから少しでも、自分が頑張れた時は、自分を自分で褒めてあげるのって、大事だと思うんです。
少しでも辛かったり、苦しい時は、休んでもいいんだよって自分をいたわってあげることって、大事だと思うんです。

最近主人がよく言っています。
「自分以外のモノは、いずれ無くなってしまうんだから、自分以外のモノに深く依存すると、無くなった時に大変だよ」と。
その通りなんですよね。
失くしてしまったり、亡くなってしまったり、消えてしまったり。
自分以外の者も、物も、何は無くなってしまうものなんです。それが、自分や相手が望むと望まざるに拘らず。

だから、自分の事を、自分で大事にしなきゃいけないな、と。最近思うようになりました。
自分の好きな所を少しずつ見つけていって、少しずつでも自分を好きになろうと。
大事にするのは他人への気遣いも勿論大事ですけど、その前にまず、自分を気遣えるようになろうと。

そう思い始めてから、少しずつ前向きに、色々頑張ろうと思えるようになっています。
最近だと、自分の書く文章が好きだなって思えています。
それが少しずつ自身になって、創作活動への意欲が、今はだいぶ高くなっています。

少しずつ、コツコツと。
無理のない範囲で、ゆっくりと。
自分の事を大事にできたら、好きになっていけたらいいなと思っています。


にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
オタク主婦ランキング

【スポンサーリンク】