金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

美少年探偵団 きみだけに光りかがやく暗黒星 を読んだ

こんにちは、鴻ノみやです。
昨日今日と外に出ていて、結構バタバタしていました。

電車に乗っていたので、車内で小説を読んでおり、ちまちま読んでた美少年シリーズの一巻を読み終わることができました。
こうして手すきの時間に小説読めるんで、電車も悪くないな、と思い始める。

【スポンサーリンク】


f:id:miya-lapine:20180703182542j:plain

この物語は、主人公の少女が夢を諦めるまでのお話。
夢を諦めてから、また新たに始まる物語の、ほんの序章のお話。
最後のギミック?といいますか、一言といいますか、一文字に、「ああ、やっぱり私は西尾維新先生の書く物語が好きだ」と改めて感じずにはいられませんでした。

西尾維新氏の作品は、読んでいる内に少しずつ理解していける。というイメージがあります。
パズルのピースが、それぞれに散りばめられていて、全て回収し終えて始めて、そこにある物語が一体何だったのかが分かる、そんな感じだと思ってます。
少なくとも、私はそう思いながら読んでいます。

今回のお話は、夢の物語で、夢物語。
相変わらずの言葉遊びと、遊び心のある物語構成。
最初の一文で入り込んで、読めば読むほどのめり込む感じが本当にすごいなあと。
シリーズ最初の作品ですから、これからまた、この物語の登場人物たちがどう動いて行くのか、彼らは何者なのか、色々と紐解かれて行く事でしょう。

いやしかし、本当に久しぶりに西尾さんの作品を読みました。
前にも記述したような気がしますが、荷物になると思って全部引越し前に売っちゃったんですよね。 売ってしまって、その後邪魔になるかもしれないと思って購入を避け続けていたんですが、間違いでした。
やっぱり読みたいもの読まなきゃ!
小説を読む事で身につく教養もありますし。何より、小説読まない奴は小説を書くことは出来ないと実感しました。

改めて、創作をしたくなりました!
文章書きたくなりました!
2巻もちまちまとになる可能性はありますが、ゆるりと読んでいこうと思います。

忘却探偵も、途中までしか読んでいないのでそのうち買い直して、読み直して、読み進めましょう。

にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
オタク主婦ランキング

【スポンサーリンク】