金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

些細な一言で、家事も楽しく出来るようになる

こんにちわ、鴻ノみやです。 まだ五月だというのに、昨日から夏日で日中の作業がしんどくなり始めています。 夏バテ真っしぐら。アンヌさんもこの通りです…。

f:id:miya-lapine:20180518114415j:plain

スポンサーリンク


GW明けの一週間は天気が悪く、不調だったためにできなかったお弁当作り。 今週から、改めてまた再開しました。お弁当の彩り考えるのは楽しいのですが、中々見栄えの良いお弁当を作るのは大変だな…と。

f:id:miya-lapine:20180518114602j:plain

今週一度目のお弁当がこちら。 かぼちゃと豚肉の炒め物、ほうれん草のお浸し、ピーマン炒め、玉子焼き、ハッシュドポテト(冷凍)です。

自分ルールがありまして、出来るだけ手作りで。冷凍はあっても、2個までとしているので目標は達成されてますね。 せっかくお弁当を作っているのに、栄養偏るのもよくないなと思ってお野菜は出来るだけ入れるようにしています。 ちなみに、この時はピーマン炒めが好評でした。

お肉類が気づいたらいつも冷凍モノだったらしく、手作りしたお肉料理が入ってるのが久々だったのでとても喜んで貰えましたね。 ちゃんとお肉料理は手作りしよう。そう心に誓いました…。

f:id:miya-lapine:20180518114957j:plain

二度目のお弁当がこちら。 キャベツとモヤシ炒め、ピーマンの漬物、唐揚げ、卵焼き、プチトマト、クリームコロッケ(冷凍)です。

今回も、冷凍食品は一つだけなので目標達成ですね。 唐揚げをお弁当入れる前に味見してまして、すごく美味しい唐揚げが出来たとテンション上がってたんですね。 で、主人にずっと「今日のお弁当はすごいよ!やばいよ!期待していいよ!」て、ほんとうるさいほどに言ってました(笑) でまあ、主人にも唐揚げは好評で。「今度また作ってほしい!」と言って貰えました。

いやはや、そう言われると「よーし、作っちゃうぞー!」ってなっちゃいますよね。 私はちょろいので(笑)

お弁当作り自体は、主人の意向で週二回なので全く苦ではありません。 ですが、主人からそうやって「今日は〇〇が美味しかったよ」「今日もお弁当ありがとう」と言われるたびに嬉しくなって、やる気が満ち溢れます。

次はどんなお弁当にしよう。 どんなお弁当なら喜んでくれるだろう。

そんな事が思えるようになります。なので、些細な一言って、本当に大事だと思うんです。 「美味しかった」という感想だけでなく「今日の味付けは薄かった」とか「これは違うかな〜」という感想もあります。もちろん、お弁当を作るたびに感謝の言葉をもらうことは変わりありませんが。 でも、味の感想を「良い」という評価だけでなく、「こうすればいい」というアドバイスを貰うだけで、向上心は上がります。

人間は褒めて伸びるものですが、そこにアドバイスがあれば、より伸びが良くなるものだと思います。 主人は毎回そうやって、私の向上心を奮い立たせてくれるので、お弁当の作り甲斐もすごく上がりますし、お弁当作りに充実感すら感じます。

日々の感謝だけでなく、そんな些細な一言で、人は幸せになれるんですよね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
オタク主婦ランキング

スポンサーリンク