金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

TRPGで遊ぼう!〜第二回システム紹介〜

こんにちわ、鴻ノみやです。 前回の予告通り、今回はTRPGに数多あるシステムの一部をご紹介。

www.miya-lapine.com

前回、ルールブックは家庭用ゲーム機である本体みたいな感じだとご紹介しました。 システムとは、そのゲーム機の種類のようなものです。 私はクトゥルフ神話TRPGのみをプレイしているので、それ以外のシステムは齧った程度のご紹介になりますが、ご了承ください

スポンサーリンク


クトゥルフ神話TRPG

TRPG界隈では、かなり有名な名前なのではないでしょうか? 今やニコニコ、YouTubeでは、このシステムでプレイした動画がいくつも上げられています。

クトゥルフ神話がモチーフとなっており、神話的、宇宙的な恐怖に立ち向かうホラーTRPGです。 プレイヤーは、「探索者」と呼ばれる、少しだけ専門的知識を持っているに過ぎない一般人です。 クトゥルフ神話TRPGは知らなくても、SAN値という単語を知っている方は多いのではないでしょうか? これは、狂気度と呼ばれ、何らかの恐怖体験をした際に減少していくかもしれないステータス。 これがクトゥルフ神話TRPGの醍醐味とも言えます。これが0に近づけば近づくほどに探索者は狂気に駆られていく。そんな狂気を楽しむのも、クトゥルフ神話ならではなのではないでしょうか?

マルチジャンル・ホラーTRPGインセイン

こちらも有名なシステムです。CoCよりもルールブックの値段が安く、CoCには手が出せないけど、同じような狂気的な楽しみを感じたい、という人にオススメです。 クトゥルフ買えないなら、インセインやれば良いじゃない!みたいな言葉もたまに見受けられます。

プレイヤーは「逢魔人」と呼ばれ、怪異に合いやすい体質を持って居ます。また、それぞれの逢魔人が「秘密」を持っており、その秘密を探り合う心理戦が醍醐味になっていきます。 相手PLの、またはNPC秘密を開示していくことによって、お話の展開が左右される所が面白いんですよね。 そして、こちらのシステムにも狂気というものが存在します。詳しくはちょっと私もよくわかっていないのですけど…。 インセインはマルチジャンルという事もあり、クトゥルフよりも自由度が高いと言われています。 ルールブックも入門には持ってこいの値段ですよね。そして私が、今一番プレイしたいシステムです(笑)

ダブルクロス

こちらも有名どころですね。上記二種類は恐怖体験を味わう、という感じなのですが、こちらは戦闘が主体となる事が多いシステムです。 プレイヤーは、超能力を手に入れた超人「オーヴァード」として、平和な日常を守るために戦う事になります。 要は、超能力アクションが体験できるシステムとなります。

特殊能力を自由に組み合わせることで、幅広いキャラクター作成が可能。舞台も現代日本が多く、プレイしやすいのかもしれません。 その為か、TRPG界隈では、かなり人気の高いシステムです 実は、私このルールブックを持ってはいるのですが、一度もプレイした事はありません。 プレイできる友人がいないので、完全に腐ってしまっています。いつかプレイできたらいいな、とは思っているんですが、果たしてその日は来るのでしょうか…。

ソード・ワールド

こちらは、現代が舞台ではありません。異世界ファンタジーを体験する事ができるシステムとなります。 プレイヤーは好きな種族を選ぶ事ができます。もちろんその中には一般的な人間の姿形をしたものもありますが、エルフやドワーフなどと言った、ファンタジーゲームや漫画などに親しみのある種族なども存在します。

これについて詳しくは語れないのですが、サプリメントと呼ばれる追加システム本がなくとも、幅広く楽しむ事ができるらしいです。 また、種族の他に職業を選ぶこともでき、こちらもキャラクター作成の幅が広いとか。 異世界で魔法を使って冒険したい、という方にオススメのシステムです。 これもルールブックを持ってはいるのですが、興味を持って購入して以来、実はほとんど読んでいないんですよね。 衝動買いって、怖いです…。

今回は、以上4種のシステムとなります。 他にももっと多くのシステムが存在します。絵本のような世界や、スチームパンクの世界などなど。あとパラノイアという有名なシステムもあるのですが、それについては動画を少しみただけで、本当に知識不足ですので、興味がある方は調べてみるのもいいかもしれません。

次回は何を話そう…。 何か、TRPGの魅力について語れそうな記事を書きます。…たぶん。

にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
オタク主婦ランキング

スポンサーリンク