金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

TRPGで遊ぼう!〜第一回・TRPGってなに?〜

こんにちわ、鴻ノみやです。 ようやく天気が良くなって、体調も戻ってきました。 気圧のおかげでしばらく死人のようになっていて、新しいネタとか全くないので、何かシリーズ記事でも書こうかな、と思います。 そんなわけで、私がよく友人たちと遊んでいるTRPGのお話になります。 拙い文章ですが、まあ何となく読んでもらえればって感じで書きますので、どうぞよしなに。

スポンサーリンク


TRPGってなに?

f:id:miya-lapine:20180123175933j:plain

TRPGとは、テーブルロールプレイングゲームの略称です。 私たちが慣れ親しんでいる、家庭用ゲーム機などのジャンルに存在する「RPG」の元になったものとも言われているそうです。

家庭用ゲーム機等とは異なり、TRPGでは自らキャラクターを演、謎や悪や魔物なんかに立ち向かっていく形になります。 キャラクター、役割を演じながら、対話をし、ヒントを得て物語のエンディングに向かっていく。 それが、TRPGの醍醐味になります。

プレイ方法は簡単。 複数人でテーブルを囲いながら、ゲームの進行役(GMやKPと呼ばれる。以下GM)とプレイヤー側(以下PL)という役割に分かれて架空の世界の中で、キャラクターとして物語を紡いでいきます。 謎を突き詰めていく推理やサスペンスものもあれば、魔法やスキルを使って敵を倒し進んでいくようなものもあり、そのジャンルは様々です。 自分に合った世界観を見つけていくのは、とても楽しいのではないでしょうか?

ゲームを遊ぶのには本体が必要!

TRPGをプレイするには、ルールブックと呼ばれるものが必要になります。 家庭用ゲーム機で言うところの、本体のようなものでしょうか? ルールブックには様々なものがあります。1000円以内で入手可能なものもありますし、6000円ちょっとするものもありますが、家庭用ゲーム機程のお金は掛かりません。

今はネットの時代で便利になり、ピクシブや自サイトなどで無償でシナリオを配布してくださる方も多いので、本体であるルールブックを手に入れさえすれば、カセットはほぼタダに等しい感じですね。 自作でシナリオを作ることも可能です。もちろん、中には即売会などで有償で売られているものもありますが、カセット一本買うと思えば安いものです。 そして楽しい!最高の娯楽です。

私は元々物語を作るのが好きなので、基本的にはオリジナルシナリオを作って回してもらっています。 物語を作るのが好きであれば、好みの物語を作ってPLに遊んでもらうと、より一層ハマっていけるのではないでしょうか?

他者が作ったシナリオにも、面白いものはたくさんあります。 自分がGMをして回したいのであれば、動画などを見ていくといいかもしれません。 今や空前のTRPGブームとなっており、ニコニコやYouTubeにはたくさんのTRPG動画があります。動画から興味を持つのもいいかもしれません。

ただし、動画内ではハウスルールと呼ばれる、その卓内での特別ルールなども存在します。 動画を参考にプレイしよう!と思っても、基本ルールとは異なる部分もありますから、PLで参加する場合も、GMとして回す場合も、基本ルールをしっかり守っていく事が大事になります。 友人同士で遊ぶ場合は、少しは気楽にできるかもしれませんが、野良の場合は特に注意しましょう。

ルールブック以外に必要なものは?

ルールブック以外にも、ゲームを進めるにあたり必要なものがあります。

・ダイス(サイコロ)

一般的に使用される6面ダイスはもちろん、システムによっては、20面ダイスという特殊な形状の多面体ダイスを使用する事もあります。 6面ダイスは100均なんかでも手に入りますが、多面体ダイスはAmazonなんかの通販サイトで手に入れる事になるかもしれません。 とはいえ、実際のダイスが無くとも、今はアプリなどもあります。全てのダイスを揃えずとも、アプリでシステムに合ったダイスを揃えられるので、とても便利です。

キャラクターシートとコマ これがなければ、物語を始める事が出来ません。 PLが演じる役割を決めるのに、必要不可欠なものとなります。

キャラクターシートは、システムに合ったものを作る事になります。 キャラクターの能力値をダイスで決定したり、特殊な技能の記載など。そのキャラクターが一体どんな人間であるのかをGMや他のPLと共有するのに必要になります。 キャラクターシートはどのシステムも、ルールブックにサンプルや記入用のシートが付属しています。 サンプルキャラを演じるのも良いですし、それを参考に自分でキャラクターを構築していくのもいいでしょう。

そして、マップに置くためのコマも必要になります。 マップ上に今、誰が、どこにいるのかを把握するにはこれがないといけません。 フィギュアとかをコマにしている人や、紙を折って使用している人など様々です。身近にあるもので大体なんとかなるので、それほど手間やお金はかからないんじゃないでしょうか?

・共有メモ 事件解決や物語を進めるにあたり、必要な情報が必ずあるはずです。 その際、PLに情報を渡すためのメモが必要になります。 オフラインセッションの場合は紙に書いてPL渡すという形が多いです。メモを見つけたPLが、他のPLとそれを共有するか否かは、PL次第。

私は友人が気軽に会いに行ける距離にいないため、基本的にオンラインなのですが、一度、オフラインセッションしてみたいな、という気持ちはあります。

・その他 あとは必要に応じて、情報を整理するためのメモや筆記用具。 ダメージ計算をするためのアプリや計算機などが必要になりますかね?

基本的に上記に書いたのはオフラインセッションで必要なものです。 ツールが色々あるので、オンラインセッションの場合はパソコン、通話できる環境、必要に応じてメモや筆記用具なんかがあればさくっと気軽にできます。

というわけで、今回はここまで。 次回は、数多あるTRPGのシステムについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク