金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

ストロベリーウイスキーを作ろう!

こんにちわ、鴻ノみやです。 去年だか、一昨年だか、ツイッターウイスキーに苺を漬け込むと、めちゃくちゃ美味しくなる、というツイートを見つけました。 見た時からずっと、飲んでみたいなーと思ってはいたのですが、実家に居る時は中々できず、ようやく実行に移すことが出来たわけです。 実家を離れたことで、ずっとやりたかった事が色々と実行されているので、本当に楽しい毎日を送れてます(´ω`) 果実酒作るのと変わりはありませんね。

焼酎等に梅等を漬けて梅酒等を作る行為は、酒類と他の物品を混和し、その混和後のものが酒類であるため、新たに酒類を製造したものとみなされますが、消費者が自分で飲むために酒類(アルコール分20度以上のもので、かつ、酒税が課税済みのものに限ります。)に次の物品以外のものを混和する場合には、例外的に製造行為としないこととしています。  また、この規定は、消費者が自ら飲むための酒類についての規定であることから、この酒類を販売してはならないこととされています。

1 米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでん粉又はこれらのこうじ 2 ぶどう(やまぶどうを含みます。) 3 アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかす

根拠法令等: 酒税法第7条、第43条第11項、同法施行令第50条、同法施行規則第13条第3項

とりあえず、百均で購入してきた瓶を、熱湯消毒するところから始めます。

f:id:miya-lapine:20180217154659j:plain

瓶の熱湯消毒ってどうやるんだろう?って調べてみたんですが、どうやらこれらの類の瓶は、急速な温度変化に弱いだけで、自ら鍋に火をかけ徐々に沸騰させる形であれば、割れる心配はないようです。 で、なるほど、と納得して実行してみました。確かに割れる心配はないんですが、若干ヒビ、入りましたね…。 内側から外側に掛けて大きくヒビが入ったわけではないんで、漏れたりの心配はなく、使えるには使えるんですが、何かがいけなかったんですかね? まあでも、結局瓶ですからね…ヒビが入る時は入りますね…。

f:id:miya-lapine:20180217155007j:plain

で、瓶に苺を投入していきます。 どのくらいの量入れるのか忘れてしまったので、適当な量を入れています。 これを、3~4日程冷蔵庫で保存することによって、少しずつ苺の色と味がウイスキーに溶けていって、いい感じのお酒になる!はずです! 実際の味はまだ未体験なので分かりませんが、サングリアとか飲んだことありますし、まあそんな感覚で作ってます。元がウイスキーなんで、当然サングリアのような味には、ならないんでしょうけどね…。 まあ、元々ウイスキー大好きな人間なので、きっとおいしいはずです!美味しいと願え!!

f:id:miya-lapine:20180217155311j:plain

二日目が経った現在は、こんな感じ。 すこーしだけ、イチゴの色が落ち始めています。完成が楽しみですね(´ω`)