金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

好きな事を好きなように描けるのが一次創作!

グーグルアドセンスに、毎度毎度異なる理由で拒否られていました。

いい加減、グーグルアドセンスに受かるために、心の底から描きたいと思える記事を書けないのは嫌なので、ついに鴻ノみやは、アドセンス広告を諦めました。以上です。

 

こんにちわ、鴻ノみやです。

以前より何度かイラストを上げており、その度に「オリジナルキャラクターなんですけど」と言っていました。それなのに、その辺り全然紹介していないな、と思いましたので、今回は私の一次創作のご紹介をさせて頂こうかと。

趣味で書いてはいますが、出来れば一人でも多くの人に私の書く世界を知ってほしいな、と思いますので。

 

白き十字のソルシエル

f:id:miya-lapine:20171121160215p:plain

 

現在書いているのが、こちらの白き十字のソルシエルという作品です。

他にも練っているものはいくつかあるのですが、まずは一つ最後まで完成させるというのが目標なので、頑張っています。

この作品とは結構長い付き合いでして、私が創作しようと思った当初からの作品ですから、もう4、5年くらいの付き合いになるでしょうか?もしかしたら、もっと長いかもしれないです(笑)

 

あらすじ

8年程前のお話です。
それは、ある人にとっては遠い昔のお話。
それは、ある人にとってはまるで昨日の事の様なお話。
人々が忘れていた災厄が、一つの村を呑み込んだお話。

少女はその村の、たった一人の生き残りでした。
どうして自分が生きているのか、どうして自分がこの場にいるのか、今まで何をしてきたのか、今までどんな風に生きていたのか、何一つ思い出せない、覚えていない、可哀想な少女だけが、生きていました。
何もかも失った少女に残されたのは、真っ黒に焼け焦げた十字架でした。
少女を辿る手掛かりになるのは、その十字架だけでした。

これは、そんな少女が、全てを取り戻すために、世界と戦う物語。
これは、そんな少女が、全てを失うまでの、軌跡の物語。

​さあ、頁を捲る事に致しましょう。

 

主人公は女の子です。私の小説の主人公、基本的に女の子な事が多いです。なぜなら、イラストに起こした時に、男性よりも女性キャラの方が断然書きやすいからです(笑)

先程上げたイラストの女の子が主人公なのですが、彼女は記憶がありません。その記憶を取り戻すために、各地を巡るというのが簡単なあらすじです。まあ、よくありがちなストーリー展開ですよね。

それが好き!!

 

 

もっと掘り下げて話すと、記憶を失った主人公アンネリーゼ。

彼女は、四年間幽閉され続けていました。しかし、ある日、突然現れた請負人と呼ばれる万屋に救われます。依頼を受けてアンネリーゼを救ったという彼女たちの元で過ごしながら、彼女は自分のありようについて考え、不愛想な少年ルドルフとの絡みにより、少しずつ心を開いていき、いつしか共に記憶を取り戻すことになっていくのです。

 

と言う感じのお話になります。

 

 

 

好きな要素を詰めまくる

自分の趣味でやっている事ですから、プロの方とは違い、自分の好きな事を、好きなように描けるんですよね。

先程も言いましたが、私はよくあるファンタジー、所謂王道ファンタジーと呼ばれるものが大好きです。最近は王道ファンタジーが定番から離れてしまい、異世界トリップものが定番として多く出るようになりました。

私が見たいのは、魔法が飛び交って、剣をぶん回すカッコいい登場人物がいて、主人公やヒロインの為に戦う仲間がいる、ファンタジー世界のお話が大好きなんです。異世界トリップは、どうしても現代要素が入ってしまうんですが、やっぱり自分の世界とは全く異なった概念で動くお話は、とても魅力的に思えるんですよね。

だからこそ、私はそういうお話をたくさん書きたいなと思っているんですよね。

 

一次創作は痛い。みたいに言われてる方を稀に見るのですが、自分の手から何かを生み出すことは、プロの作家さんと同じだと思うんですよ。プロの方に比べたら劣っているんでしょうけど、やってる事は同じなんですよね。

そこにお金が発生するか否かという部分はありますけども。

だからと言って、痛いとかそんな事はないと思うんですよね。アニメやゲーム、ドラマや映画、競馬なんかの賭け事など、そういうものに現実逃避している人たちと同じで、私は物語を描くことで現実逃避が出来ているんですよね。

 

まあ後は、人の趣味を笑う奴にろくな人間はいない!ということです。

 

本編公開サイト

elmundo

 

現在、本編を公開しているのは上記の自サイトのみです。

現在サイト内では10話まで公開されているので、一度読んでいただけると嬉しいです。

裏でちょっとサイト編集しているので、近々デザイン変わると思いますけど…。もっとセンスのあるサイトデザインにしたいですね…。