金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

猫のいる生活がとても幸せだということ

f:id:miya-lapine:20171112172415j:plain

 

最近、こうして眠っていることが多いアンヌさん。

首痛くないのかな?大丈夫かな?と思うのですが、人間と体の作りが違うので、きっと平気なのでしょう(笑)

他の飼い猫ちゃんを見たことがないのでわからないのですが、うちの子は布団で寝る時も、かならず枕に頭を乗っけてるんですよね。もしくは私の手を枕にします。ネコの生態なのか、それともうちの子だけなのか、謎です(笑)

 

f:id:miya-lapine:20171112172918j:plain

 

うちの子は、今でこそ家族である私や主人にはべったり甘えて、全く警戒心のない姿を見せてくれるのですが、元が野良なので、最初は本当に大変でした。

引き取った日は怯えきって、部屋の隅に居つくばかりでしたし、水も食事も殆ど取ってくれませんでした。近づこうとすると警戒して「フシャーッ」って威嚇してきましたし、手を伸ばすと爪を立てていたので、最初の一ヶ月は、手が血だらけ傷だらけなんて当たり前のことでした。

いつの間にか、私のベッドに潜り込んで眠る様になって、甘えるようにすり寄る様になって、アンヌさんが我が家に来てから、私は癒されることが多くなりました。

 

前回、結婚をして良かった、という記事を書いた際、私は鬱だったという話をしました。アンヌさんを引き取った時期も、丁度そんな状態だったんですよね。

アンヌさんを引き取る前は、本当に癒しらしい癒しがなく、仕事から帰って来て、死んだように家事をして、死んだように眠るだけの毎日を繰り返していました。

 

f:id:miya-lapine:20171112173754j:plain

 

けれど、アンヌさんが我が家に来てから数ヶ月した頃、主人に「みやはアンヌさんが来てから、元気になったよね」と言われるようになりました。

確かに、アンヌさんと仲良くになるにつれて、寂しさというものを大きく感じることが無くなったような気がするんですよ。帰るといつもアンヌさんが出迎えてくれますし、すり寄って来てくれるんです。

それが本当に癒しで、家に待ってくれてる子がいるんだと思うと、帰るのも楽しくなると思うんです。

眠る時も、常に近くで眠ってくれますし、冬は私の腕枕で、隣で寝てくれますしね(笑)

 

そういった意味で、今もアンヌさんにはとても助けられていますね。

いくら主人の帰りが早い、と言っても、朝から夜までは一人で家で過ごしていますし、たぶん本当に一人だったら、何をすればいいのか分からず、ぼーっと過ごすことが多いと思うんですよ。

でも、アンヌさんがいるから、アンヌさんのお世話をするために動くことが多いので、動いたついでに何をしよう、あれをしようって、とにかく毎日家に居ても、アクティブに動いていたりするんですよね。

 

f:id:miya-lapine:20171112174538j:plain

 

何かを要求するために鳴くアンヌさんを見る度に、「この子は本当に、私がいないとなにもできないんだから」と思うんですが、そう思うたびに可愛くてかわいくて仕方無くなるんですよね。

眠っていても、ご飯を食べていても、お水を飲んでいても、遊んでいても、鳴いていても、可愛いですし、癒されます。

ああ、この子を引き取って、本当に良かったな、と。

 

そんな、親馬鹿な私でした(笑)