金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

初めてのソーセージ作り~ネギソーセージ~

こんにちわ、鴻ノみやです。

お料理って、ちょっと実験っぽくて楽しいですよね。

 

f:id:miya-lapine:20171101162455j:plain

 

今日は、以前ブログでご紹介した「新米姉妹のふたりごはん」の第一巻に登場する、ネギソーセージを作りました。

一度作ってみたい、と以前も話していたんですが、ネギがかなり安く入手できたので、いよいよ準備が整ったわけです。

新米姉妹を参考にしたのですが、本書に乗っているレシピとは、若干異なりますのでご了承ください。

 

材料の準備はこんな感じ

豚ひき肉ーー300g

豆腐ーー3丁入りの小さいのを1丁

パン粉ーー適当

ネギーー2本

塩・こしょうーー適量

ハーブ類ーーお好みで

 

豆腐とパン粉はかさ増しように入れました。新米姉妹では、豚ブロックをプロセッサーに掛けていたのですが、ちょっと手間が掛かるので今回はひき肉になっているものを購入。

当初ネギ一本で作る予定だったのですが、当然足りるはずもなく…。二本でも足りなかったです、実際(笑)

今回自宅にハーブ類まだ殆ど置いてなくて、適当なスパイスをぶち込んでおきました。セージ入れたら美味しいんだろうな、と思いながら…。

 

f:id:miya-lapine:20171101163407j:plain

 

ひき肉、パン粉、豆腐、塩・こしょう、ハーブ類を全て入れて、こねていきます。

パン粉は一度お豆腐と混ぜて置くと、パン粉の感じが無くなるのでいいです。パン粉はお豆腐の水分を吸う役割の為に入れているので、量はお豆腐が固すぎず、柔らかすぎない程度になるくらいに入れればいいと思います。

この辺は、もう感覚でやっちゃっているので、ほぼ目分量です。申し訳ない。

脂が出ないように、氷水でボールを冷やしながら捏ねていくんですが、冬場にこの作業、地獄でしかないですね…。

 

f:id:miya-lapine:20171101163746j:plain

 

捏ね終わったら、タネは一度冷蔵庫で寝かせ、ネギの処理に入ります。

緑色の部分は取り除いて、お鍋・フライパンに入る大きさにカットします。この後お鍋とフライパンで作業するので、大きさの目安を間違えると入らないので注意しましょう。

沸騰したお湯に、10~20秒くらいネギを潜らせます。たぶん私は20秒くらいやったと思います。

触れるくらいになったら、ネギの皮をむいていきます。こー、上から下へ引いていくと、するっと取れるんですよね、ネギ。この作業をひたすら繰り返していくんですが、ネギの皮をむいていくの、なんかちょっと、いけないことをしてるみたいな気持ちになりました…。

ネギってちょっとねっとりしてるんで、それも相まって正直、笑いを堪えながらやってましたね(笑)

向いた皮の端は、タコ糸で結んでおきます。これで、ネギの下準備も完成です。

 

f:id:miya-lapine:20171101164250j:plain

 

冷蔵庫で冷やしていたタネを、本来はソーセージメーカーに入れていくんですが、我が家にそんなものはありません。

購入も検討したのですが、そんなに頻繁にソーセージ作るわけでもないので、持ち腐れてしまうのではないかと思い、購入を断念。というわけで、今回はケーキを飾る用の絞り袋を用意しました。

タコ糸を結んでいない方の穴に口を差し込んで、絞り出しながらネギ皮の中へと挿入していきます。ソーセージメーカーで作るのにも、かなりコツがいるらしいんですが、正規やり方でない絞り袋は、より一層コツをつかむ必要があります。

何せ、最初の一本、失敗しましたからね…そりゃもう、見事に…。

ネギ皮の中身がいっぱいになったら、片側もタコ糸で結んでおきます。

 

f:id:miya-lapine:20171101164803j:plain

 

これを眼前に私は、一人で「おお!ソーセージだ!」って声を上げていました(笑)

こうやって形になると、ちょっと感動しますよね。

これを一度ボイルしていくので、一本一本ラップにくるんで行きます。

 

f:id:miya-lapine:20171101165159j:plain

 

新米姉妹のレシピには、85℃のお湯でとの記載があったのですが、我が家は温度計がありません。ですので、沸騰させない程度の火力で、調理していきます。15分ほどボイルすればおkです。

その後、フライパンで焼き目が付くまで焼いていきます。フライパンでの調理は、ちょっと撮影することが出来なかったので割愛ということで(笑)

 

f:id:miya-lapine:20171101165443j:plain

 

これで完成です!奥の方は、一番最初に作った失敗作ですね。見事に皮が破けました(笑) ですが、手前は良い感じに出来ました。

漫画みたく綺麗な見た目のソーセージとまではいかなかったんですが、初めてにしては上出来なのではないでしょうか?

因みに、あれだけ大量に作っておいてなぜ二本なのかというと、他は夕食用だからです(笑)

味見も兼ねて、昼食用に二本だけ食べましたが、ちょっと塩・コショウが足りなかったようです。もっと大胆に入れてよかったのかな?と。味が薄いだけで、あとはかなりの出来栄えです!

お醤油をたらして食べたのですが、これが絶品でした。ネギの味も相まって、ちょっと癖になりそうです。

 

調べたら、ソーセージ用の金具も売ってるみたいですね。ソーセージメーカー自体はちょっと置き場に困るのと、お高めなので悩みますが、このくらいの値段と大きさなら、買ってもいいかな、と。

味もそうですが、もうちょっとお肉をたっぷりぎっちり入れてあげたいので、またリベンジしたいです。その時には、ソーセージ用の金具を購入することにしましょう!