金欠主婦のオタク聖活

専業主婦の鴻ノみやが、少ないお小遣いで目一杯楽しめる趣味を探しているなんでもない日常

【Minecraft】ここに暮らそう#2 ~整地をしよう~

f:id:miya-lapine:20171015165500p:plain

 

背景。

島流しにあって、早二週間が経過しようとしています。いかがお過ごしでしょうか。

私は、とても元気に暮らしています。はい。そりゃもう、とても快適です。

好きな時間に寝て、好きな時間に起きて、好きなことが出来るこの生活は、私にとても合っているのかもしれません。

しいて言えば、電子機器があればまっと快適に過ごせることでしょう。

 

f:id:miya-lapine:20171015165721p:plain

 

家を建てたことで、だいぶ満足したわけですが、こー、家から見える風景がとても殺風景な上に、情景がよろしくないのです。

でこぼこした小さな丘ばかりがあるし、背後を振り向けば木だらけです。

というところで、今回はこの土地を綺麗にすべく立ち上がります。匠の出番です。

 

f:id:miya-lapine:20171015165904p:plain

 

途中までは木を切っていたのですが、それ以外の事が手に回らない事に気付き、木々を燃やすことに。

作業中、ずっと視界に炎が入ります。その度に、家に燃え移らないかひやひやしていましたが、それなりの距離があったようで、もう一度家を作るなんてことにはなりませんでした。

 

f:id:miya-lapine:20171015170052p:plain

 

整地しているところにこれが現れ、落ちました。見事に落ちました。落下しました。

幸い、足を折る程度のけがで済みました。足を折る程度の怪我なら、この世界では気合で治ります。この島に来てから、どうやら私は強靭な肉体を手に入れたようです。

そりゃ、緑色の、近づくと爆発する物体とエンカウントしたり、目が合ったら突然矢を射ってくる骨とエンカウントしていれば、自然そうなるのかもしれません。

整地中、ここに何度か落ちたので、この場所をどうするか、少し考えなければなりませんね。

 

f:id:miya-lapine:20171015170317p:plain

 

日が暮れる事には、何という事でしょう。

とてもきれいな、歩きやすそうな大地に生まれ変わっているではありませんか。

お腹が減りつつも、とりあえずベッドへ横になります。

そろそろ兵糧が尽きそうなので、自給自足の方法も考えなければいけません。

f:id:miya-lapine:20171015170452p:plain

 

というわけで作りました。

 

草を刈っている際に出てきた種。あれは、どうやら小麦を育てるための種だったらしく、近場に畑を作る事にしました。

どれくらい近いかと言うと。

 

f:id:miya-lapine:20171015170600p:plain

 

このくらい近いです。

私が今立っている場所が、家の玄関付近なので、すぐそこですね。

ただ、結構高い丘に家を作ってしまったおかげで、上り下りがとても大変です。足腰が鍛えられていいですが、さすがに毎日行ったり来たりしていると疲れますね…。

 

 

f:id:miya-lapine:20171015170745p:plain

f:id:miya-lapine:20171015170803p:plain

 

思い立ったので、小屋を作りました。例の穴をふさぐ手段です。

これでもう落ちる心配はありません。中の穴はかなり広いようで、まだまだ探索がし切れていません。

中に採掘場の様な者を作り、鉄やレッドストーンなどを回収する機関作ろうと思います。しばらく時間はかかるでしょうが、まあ時間は有限です。きっと先輩は迎えには来てくれないでしょうし。

 

さて、ひと段落ついたところで、今日はご飯を食べて遊びましょう。

今日は豚さんと追いかけっこかな…。

 

f:id:miya-lapine:20171015171210p:plain